アトピー肌の小学生や中学生の脱毛について…

子どもが大きくなるにつれて気になるのがムダ毛の処理ではないでしょうか。
しかし、生まれてから長年、アトピー性皮膚炎に悩まされている人も多いですよね。

赤いブツブツやカサツキがひどくなるたびに皮膚科通院してステロイド軟膏を処方してもらっている子どもは少なくありません。

そんな子どもたちでも思春期になってくると、ムダ毛が気になりだします。しかし、ただでさえお肌が弱いので、無理な処理はできません。

毛が薄ければ問題ないですが、少しでも濃ゆいと悩みになってしまいますよね。一番気になる両脇や両腕、両脚などにムダ毛がびっしりと生えていれば、たとえアトピーであってもそのままにしておくわけにはいきません。

思春期になると自分で気になるところをカミソリやシェーバーで剃ってしまったりとしてしまいます。また、自宅で簡単に出来る処理法で除毛クリームなども沢山あります。

しかし、うかつに塗ってしまうと皮膚の状態が悪い場合は、余計に悪化させてしまう恐れがあります。なので、もし、使いたい除毛クリームがあった場合はかかりつけの皮膚科で使用していいかを確認することが重要になってきます。

皮膚科で大丈夫だと判断されたら、安心して使うことができます。
それでも、除毛クリームを使ったことで、皮膚が炎症してしまったり、今まで以上に悪化することがあればすぐに皮膚科に行くようにしてください。

また、除毛クリームはたくさんあります。その中でも肌にやさしいタイプを選ぶようにしてください。

コメントを残す