小学生や中学生の脱毛で知っておくべきこと

子どもの脱毛をするうえで知っておきたいポイントがあります。まず、「子どもは日焼けしやすい」「子どもの毛の周期は安定していない」「子どもはホルモンのバランスが不安定」であるということです。

ハイパースキンでの脱毛であれば日焼けした肌にも照射可能なのですが、一般的な光脱毛やクリニックでのレーザー脱毛の場合は、日焼けした肌に施術するとやけどする危険性があります。

大人でもやけどする可能性があるので、まだ、肌の弱い子どもの皮膚なら、大人よりもダメージを受けやすいと考えられます。

なので、日焼けしやすい特に夏場は脱毛を休むようにした方がいいと思います。

また、脱毛において重要なのが「毛周期」です。毛周期とは、毛が生え代わるサイクルのことで、レーザー脱毛や一般的な光脱毛は毛の成長期、ハイパースキン脱毛は休止期に施術することで効果が出ます。

子どもの場合はこの毛周期がまだ安定していないため、脱毛施術の効果が出にくい場合があります。

そして、思春期の子どもや生理開始時期を控えている子どもは、ホルモンのバランスが大きく変わる時期に当たります。

ホルモンバランスの変化によって毛が増えたりするので、脱毛に通う年齢によっては効果が出ずらいこともあります。

さらに、これから生えてくる毛がまだ表面に出ていない子どもも多くいます。そのため、脱毛に通って十分きれいになったと思っても、再生する可能性が大人より高いということがあります。
子どもは皮膚がまだ柔らかく弱いため、トラブルを起こすこともあります。

コメントを残す